自営業者のカードローンの利用では提出書類が多くなる?

カードローンを利用するときには正社員と比較して自営業者は審査が厳しくなることが予想されますが、自営業者の場合にはそれ以外にも気をつけないといけないことがあるので知っておきましょう。

それは提出書類に関してなのですが、一般的には本人確認書類と収入を証明する書類が必要とされていますけど、自営業者の場合にはその2つに加えて別の書類が必要になることがあります。それはどうしてなのか?となりますが、やはり信用が高くないというのが最大の理由になるのです。

したがって、自営業者がカードローンを利用するときには、余計に書類を用意しないといけない可能性があるので、利用を考えている会社のホームページなどをよくチェックしておく必要があるのです。

では、具体的にカードローンの申し込みではどういう書類を用意してけば良いのか?というと、これは会社によって違う場合もありますが、自営業者の場合には本人確認書類と収入を証明できる書類以外では、確定申告に関する書類の提出を求められることがあります。

これも結局は収入がどれだけ安定しているか?より確かに見定めるためということになるのかもしれませんが、自営業者の場合には収入を証明する書類を改ざんすることがしやすいという部分も含まれている可能性もあります。

会社ごとに自営業者だけに提出を求められる書類というのは違っている可能性がありますし、本人確認書類と収入を証明できる書類だけでOKという会社もあるかもしれませんから、ケースバイケースになることも予想されますが、まずは大まかな借り入れの手順について覚えておき、なおかつ自営業のケースでは提出書類が他の職業の人たちと比べて増える可能性は知っておくようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ