にきびを減らしたくて挑戦したサプリメント

私は、10年以上常に顔ににきびがありました。そのために外にも出たくなくなったり、化粧品の選び方だったりと多くのストレスを感じていました。

一番ピークに顔ににきびがあったのが中学生のときでした。高校生、大学生と年を追うごとに自然ににきびが少なくなっていきました。しかし、社会人になって毎日化粧をしなければならない、ストレスが溜まるといった影響でまた痛いほどのにきびが出てしまいました。

にきびは皮膚科で治療をしようとCMであったので病院にいってお薬で治療をしていきました。その当時、結婚しいつ子供ができてもいいという状況だったのですが、気になるうわさを聞きました。皮膚科でもらうにきびのお薬の中で妊娠中に飲んでしまうと奇形児が生まれる可能性が高まってしまうという噂でした。

本当のところは分かりませんが薬というものは効果もある分、もちろん副作用もあるものです。そこで私はなるべく影響の無いにきびの治し方はないかとインターネットで探してみました、そこで見つけたのが、「パントテン酸、ビタミンB5」です。

ビタミンB5は皮脂の抑制を助けてくれる働きがあるとのことでした。飲み始めは一日、4g効果を感じてきたら1日1gにして飲み続けました。効果は抜群でした。どんなにいい薬、ケアをしてもよくならなかった肌がにきびは減り、もちもちした肌になりました。

【注意】こちらの体験談の内容は個人の感想です。薬の内容を保証するものではありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ